HOME >トピックス >「一茶100句の英訳ときりえ展」を訪ねて

「一茶100句の英訳ときりえ展」を訪ねて 

2021年6月4日、長野県信濃町にある一茶記念館「一茶100句の英訳ときりえ展」を訪れました。
今回の「きりえ展」開催にあたり、鈴木鎮一記念館からも何点か資料を提供しています。

まず、建物正面の壁に一茶記念館の看板と大きな一茶が目に飛び込んできます。
企画展は、入り口を入り左手奥側にありました。
    

↑上記画像をクリック(拡大表示)

『英訳一茶100句集』から厳選された20点ほどの「きりえの原画」が展示されています。
それと同時に、鈴木鎮一先生が一茶の句を選び"俳句かるた"を作成された経緯や「一茶百句俳句かるた」の展示、スズキ・メソード音楽教室についても大きく紹介されていました。
俳句の情景にぴったりと寄り添っている"きりえ"が何とも言えず素敵でした。
    

↑上記画像をクリック(拡大表示)


『英訳一茶100句集』、「一茶百句俳句かるた」は会場で販売されています。
また、『英訳一茶100句集』はAmazonなどのインターネット通販サイトで、「一茶百句俳句かるた」は才能教育研究会本部事務局(電話0263-32-7171)からご購入いただけます。


○一茶100句の英訳ときりえ展
【期間】令和3年4月17日(土)~7月4日(日)
  ※休館日:5月31日(月)、6月30日(水)
【会場】一茶記念館
  長野県上水内郡信濃町大字柏原2437-2
  TEL 026-255-3741
【開館時間】9:00~17:00
【入館料】大人500円、小中学生300円

一茶記念館公式ホームページ
http://www.issakinenkan.com/schedule/

○『英訳一茶100句集』ほおずき書籍(本体2,000円+税)
令和2年12月、スズキ・メソードを深く愛する宮坂勝之・シェリーご夫妻の翻訳と、長野市のきりえ作家、柳沢京子さんの作品が新たな命を吹き込んで、『英訳一茶100句集』は生まれました。

○「一茶百句俳句かるた」~高い能力を遊びながら育てる~
鈴木鎮一先生が、子ども達の感性や記憶力を高めるための教材として、一茶の数多い句から百句を厳選し作りました。現在もスズキ・メソードの教室で教育の一環として広く使われています。

「一茶百句俳句かるた」のご紹介
https://www.suzukimethod.or.jp/guidebook/447/